社会福祉法人
たくみ会


特別養護老人ホーム
定期巡回・随時対応型訪問介護看護
ショートステイ(空床利用型)
みんなの家 青沼
居宅介護支援事業所
みんなの家
訪問介護
みんなの家


理事長あいさつ


社会福祉事業の担い手として、確実、効果的かつ適正に行い、
福祉サービスの質の向上、運営の透明化を確保し、
地域福祉の推進に努めます。
社会福祉法人 たくみ会 理事長 渡邉 隆

Responsive image


法人の理念


それぞれの色は仏教の教え「四恩」から
赤・・・父母の恩
青・・・社会の恩
緑・・・自然の恩
黄・・・赤、青、緑の恩の心と支えとなる「三宝の恩」
一度しかない人生をその日の気分だけで生きるなんてもったいない。
それぞれの恩が集まり、またその恩が地域へと戻っていく。
みんな誰もがそれぞれの恩に助けられて生きている。
四つの恩を忘れずに今の自分の幸せに「おかげさま」と言える生き方を目指したい。
そしてその恩を次の世代に渡し「お互い様」の精神を広げていきたい。


サービスの紹介

地域密着型特別養護老人ホーム みんなの家 青沼

事業所番号 1990100560


 入居者一人ひとりの意思及び人格を尊重し、地域密着型施設サービス計画に基づき、可能な限り居宅における生活への復帰を念頭に置いて、入居前の生活と入居後の生活が連続したものとなるよう配慮しながら、利用者が各ユニットにて相互に社会的関係を築き、自律的な日常生活を営む事を支援していきます。
 地域や家族との結びつきを重視した運営を行い、市町村、居宅介護支援事業所、居宅サービス事業者、地域密着型サービス事業者、介護保険施設、その他の保健医療サービスや福祉サービスを提供する者との密接な連携に努めます。
 入居者の要介護状況に合わせながら本人の能力を最大限発揮できるよう支援をしていきます。
 要介護度が高くなると医療依存度も高くなる事が予想されます。医師と密な連携を取り、日々の健康管理に尽力し、本人と家族の意向を最優先にした医療方針及び生活援助を計画していく必要があります。
 常に居宅における生活への復帰を念頭に置き、少しでも多くの方に在宅復帰していくための様々な環境を整えていくよう全力で努力します。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護 みんなの家 青沼

事業所番号 1990100552


 要介護状態となった場合においても、その利用者が尊厳を保持し、可能な限りその居宅において自立した日常生活を営む事ができるよう、定期的な巡回または随時通報により利用者の居宅を訪問し、安心してその居宅において生活を送る事ができるようにするための援助を行うとともに、その療養生活を支援し、心身の機能の維持回復を目指します。
 地域で暮らす重度者をはじめとする要介護高齢者の在宅生活を支える為に、日中夜間を通じて訪問介護と訪問看護で連携を取りながら、定期巡回訪問と随時対応サービスを実施し、地域包括システムの確立に定期巡回・随時対応サービスが重要と考えます。
 高齢者実態調査によると、要介護者の約70%が「在宅介護サービスを使い、自宅で暮らしを続けたい」と回答しており、定期巡回・随時対応型訪問介護看護はこうした期待にこたえるサービスとして、この地域包括ケアの一翼を担う重要な在宅サービスと考えます。


居宅介護支援事業所 みんなの家 

事業所番号 1970105191


 要介護者等の心身の特性を踏まえて、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるように配慮をした介護サービス計画を考えていきます。
 事業の実施に当たっては、利用者の心身の状況やその環境に応じて、利用者の意向を尊重し、適切な保健医療サービス及び福祉サービスが、多様な事業者から、総合的かつ効率的に提供されるよう配慮して行います。
 利用者の意思及び人格を尊重し、特定の種類又は特定の居宅サービス事業者に不当に偏ることのないよう公正中立に行います。
関係市町村、地域包括支援センター、他の指定居宅介護支援事業者、介護保険施設等との連携に努めていきます。


訪問介護 みんなの家 

事業所番号 1970105340


≪訪問介護≫
 要介護者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、「身体介護」や「生活援助」を行います。
「身体介護」食事・水分補給・入浴・更衣・整容・排泄・洗面・体位交換等
「生活援助」買い物・調理・配膳・洗濯・掃除・衣類の整理等

≪介護予防・日常生活支援事業訪問型サービス≫ 利用者が要介護状態になる事を防ぎ、自宅で自立した日常生活を送ることが出来るよう生活機能の維持に向上を図ります。
本人ができることは可能な限り本人に行っていただきます。
※身体介護と生活援助の区別はございません。
 



施設紹介

特別養護老人ホーム みんなの家 青沼は要介護認定3~5までの方が対象になります。入居希望の方はまずは申込みが必要です。介護保険証、印鑑をご持参になって当施設までお越し下さい。その際、要介護3以上の方に関しては、ご利用者・ご家族に関しての調査をさせて頂きます。その後、施設内で入居判定会を行い、入居可能と判断した方から入居していただきます。入居前には、契約を取り交わしていただきます。まずはお気軽にお電話下さい。

●入居定員 29名
(ユニット型全個室)

●3ユニット(ももユニット10床、さくらユニット9床、すみれユニット10床)

●甲府市在住でご自宅での介護が困難な方

 

各個室には3モーターベッド、チェスト、洗面台があります。

ユニット内の共同室でゆったりとお過ごしいただけます。

ユニット北側の居室はトイレ付です。
ご自身でトイレに行かれる方は是非こちらの個室をお勧めいたします。

入居者のお体に合う色々な高さの椅子を準備してあります。

施設3階には機械浴室があります。
ストレッチャーで体勢を変えることなく自然に浴槽に入れますので、お身体が不自由な方でも問題なく浴槽で温まっていただく事が可能です。
ジャグジー機能も付けてありますので非常に快適です。また、新湯式の機械浴設備なので常に清潔にご利用いただけます。

普段なかなか外に出られない入居者も3階のテラスにて散歩や日光浴をしていただけます。
地域の皆さまも参加していただくイベントの会場としても開放していきます。

各ユニットにはそれぞれ個浴があります。

コミュニティカフェは施設玄関の隣にあり、地域の高齢者から子どもが自由に使えるスペースです。

広々とした作りなので、皆さまにゆったり過ごしていただける施設です。

厨房は富士メディカルサービスさんと法人の管理栄養士が工夫を凝らして入居者の為に満足してもらえる料理を提供していきます。

施設見学は随時対応いたします。



お知らせ

面会制限について

新型コロナウイルス等、感染症再拡大中につきまして、改めて面会謝絶とさせていただきます。ご家族、関係事業者様におかれましては大変ご迷惑をお掛け致しますが、安全確保のためにご理解いただけます様お願いいたします。

たくみ会理事の横山先生が第5回山上の光賞に選ばれ授賞式に参加致しました。

●山上の光賞とは
「山上の光賞」は日本の広範な健康・医療・医学分野において素晴らしい活躍をし、よりよい社会を築くことに貢献している80歳以上の方々を顕彰するプログラムです。高齢化社会を抱える日本では、高齢と言うととにかくネガティブな話ばかりを耳にしがちです。しかしながら、その対極には日本の高齢者が素晴らしい活躍をされている数多くの偉大なストーリーがあります。そこで、高齢を迎えてなお、その豊富な経験、知性、そして知識を駆使しながら、後に続く世代の歩むべき道を照らす「山上の光」として活躍を続けておられる方々を顕彰することにより、更に多くの日本のシニアを勇気づけ、活発な社会の一員として活動し続けることの素晴らしさを伝えることをこのプログラムは目指しています。

「山上の光賞」では、健康・医療・医学に関する様々な分野を対象とし、例えば、医師、研究者、看護師、介護福祉士、NPO職員等、健康・医療に関連する広範な分野における80歳以上の方々の活動を顕彰致します。

全国から募集する候補者の選考は、本プログラムの共催団体、事務局からは独立した審査委員会によって厳正に行われます。「山上の光賞」の審査基準は以下の通りです。候補者はこのうちひとつ以上の項目に当てはまることを期待されます。

■高潔な人格

■組織における卓越したリーダーシップ

■特定の領域におけるニーズに応え、健康・医療の促進に大いに貢献する業績を有する

■医療サービスの提供における大いなる貢献

■創造力豊かなアイデアで既存のプログラムの大幅な伸展に貢献した実績

■健康・医療の分野における斬新なアプローチの導入

■健康・医療に関わる諸分野での研究における飛躍的な成果(ブレイクスルー)

■公衆衛生の促進への貢献(公的セクター、民間セクター問わず)

■国際的な貢献

山上の光賞公式ホームページから
http://sanjo-no-hikari-sho.com/
 

授賞式の様子

樋口恵子様よりクリスタル贈呈の場面

授賞された方々と主催者の方々

安倍総理と握手をされる横山先生

授賞を待つ壇上の横山先生と推薦者の阿部先生

プレゼンテーターの樋口恵子様より紹介を受けている横山先生

安倍総理より功績をを称えられている授賞者の方々

授賞を喜ぶ横山先生、阿部先生、渡辺事務長

※横山先生と、みんなの家青沼がm3.comのサイトにて紹介されました。

●m3.comとは
「エムスリー株式会社」は、医療従事者を対象とした医療ポータルサイト「m3.com」のサービスを行っている企業です。

■公開されたページは下記になります。

m3.comのニュースから1回目
https://www.m3.com/news/kisokoza/717817

m3.comのニュースから2回目
https://www.m3.com/news/kisokoza/717818
 


ご利用案内

みんなの家 青沼の医療について
みんなの家 青沼では、嘱託医である露木耳鼻咽喉科医院の医師が定期的に診察を行います。
みんなの家 青沼で生活していく中で身体状況が重度化し余命を宣告された方には、当施設での看取りも行います。その際には、嘱託医、施設職員、ご本人・ご家族の方々と十分に話し合いを行い、ケアをさせていただきます。

協力医療機関について

●露木耳鼻咽喉科
病院なび
https://byoinnavi.jp/clinic/111720

●独立行政法人地域医療機能推進機構 山梨病院
病院ホームページから
https://yamanashi.jcho.go.jp/

●小宮山外科医院
病院なび
https://byoinnavi.jp/clinic/81003

歯科について

●甲府デンタルクリニック(医療法人社団 桜栄会)
クリニックホームページから
https://kofu.oeikai.or.jp/

外来受診について
基本的にはご家族に付き添いをお願いしております。ご理解ご協力をお願い致します。


サービスのご利用までに・・・

私たちの法人が運営するサービスをご利用になっていただく際は、まずご自身の担当のケアマネジャーさん、若しくは施設のケアマネジャーにご相談ください。ご利用者により適したサービス提供をしてくために、事前に入念な話し合いをさせていただき、安心安全な生活をしていただけるようにケアプランを立てていきます。
‘‘みんなの家 青沼’’は、介護が必要になった高齢者の為の施設ですが、地域の高齢者から子ども達が気軽に立ち寄れるような施設にしていきたいと思っています。
自分の家にこもりがちになってしまう老人や、学校が終わってもすぐに家に帰れない子どもさんに、是非施設内のコミュニティカフェに集まって、色々な交流をしてもらえると嬉しいです。


求人情報

特別養護老人ホームでの介護職員、また定期巡回・随時対応型訪問介護看護の訪問介護の職員を随時求人しております。
やる気のある方、大募集です。
資格等取得支援もしておりますので、介護業務未経験の方もご相談ください。
求人担当 渡辺
TEL055-236-0037
e-mail: info@takumi.sc
indeed採用ページ


アクセス



甲府市総合市民会館から徒歩で2~3分に位置し、青沼通りから少し入った場所になりますので、車もあまり多くなく住宅地にありながらとても静かな地域です。
〒400-0867 甲府市青沼2-22-14

Previous Next